『池袋パスタ研究所 卵が先か、鶏が先か?』特注麺のボロネーゼ!@池袋

牛すじのボロネーゼ(1,000円)

何ですかこの店名は。

…卵が先か、鶏が先か?

どっちでもいいわ!笑

思わず店名に惹かれて訪店してみました。完全にお店の策略にハマっています。

場所はエソラ池袋の6F。2018年の6月に出来たばかりのお店みたい。

店内は4人テーブル席が3つ。2人テーブル席が2つ。そして6人テーブル席が1つあります。

メニューはだいたいこんな感じ。

なんと『ヤリイカのプッタネスカビアンコ』が売り切れておりましたが、僕の中では最初から『牛すじのボロネーゼ』か『カルボナーラ』の二択なので問題ありません。

メニューをよく見ると『カルボナーラ』の下の文字が白い紙で消されていたので、剥がしてみると(剥がすなよ!)『イベリコ豚 グアンチャーレ』と書いてありました。

どうやら今はイベリコ豚がなくて国産豚に変わっているみたいです。

だったらもはや牛すじのボロネーゼに決まりですね。

僕は迷わず『牛すじのボロネーゼ サラダ付き(1,000円)』を大盛り(+100円)で注文しました。

まず最初にサラダがやってきます。

ご覧ください。

メニューに載ってる写真とだいぶ違うんですが…

これ、詐欺にならないんですか?笑

でもサラダにかかっているドレッシングが美味しいのと、たっぷりとブルーチーズの乗ったバケットが付いてきたので許しましょう。

そしてメインのパスタがこちらー!

良いですねー。

なんだろう、この独特の麺…

通常のパスタよりもだいぶ太い麺で弾力とコシがあります。

ラーメン好きの方ならご存知かと思いますが、浅草開化楼という麺類の製造・販売をしている会社が開発した『低加水パスタフレスカ』という特注の麺を使用しているそうです。

『生パスタを超えた生パスタ』を謳っているだけあってこのモチモチ感、かなりレベル高いです!

それに麺だけじゃなく、ボロネーゼソースもよーく煮込まれたひき肉と牛すじ肉がたくさん入っていて美味しい!!

これクセになるなー。もっと食べたいので+200円で超大盛りとか作って下さい。

僕が行ったときは他のお客さんが皆さん女性でしたが、このパスタはゼッタイ男性も好きだと思いますので一度食べてみては如何でしょうか。

ちょっと次はトリュフオイルの香るカルボナーラも食べてみたいと思います。

ご馳走様でしたっ!(合掌)

池袋パスタ研究所 卵が先か、鶏が先か?

■基本情報

住所:東京都豊島区西池袋1‐12‐1 エソラ池袋 6F

最寄り駅:池袋駅 徒歩1分(28m)

営業時間:全日

11:00~23:00

定休日:エソラ池袋に準ずる

TEL:03‐6907‐2955

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする