『トラットリア・バール・イル・ポルトローネ』穴場の小さなイタリアン@北千住

トラットリアバール イル ポルトローネ

以前は北千住駅から少し離れたところにお店がありましたが、最近になって駅の近くに移転してきた個人経営のイタリアン。

場所は旧日光街道沿い。俗にいう本町センター通りの中にあります。

葵とごっつり西口店のあいだくらいに細めの階段がありますので、そちらを3階まで上がりましょう。

入口はこんな感じ。

牛骨らぁ麺マタドールから開店祝いのお花が届いていました。

店内はカウンター席と丸テーブルが3卓。

僕はカウンターの一番奥に座ってみました。

因みに、土日祝日は13:00からお店がやっているので昼飲みも可能ですよー。

メニュー

とりあえず現時点のグランドメニューを載せておきますので、良かったら参考にしてみて下さい。

ドリンクは基本的に世界のビールと世界のワイン、そしてソフトドリンクという内容。

本日のワインは時期によって変わるみたいです。

お酒

僕はとりあえず1杯目は無難にバスペールエール(500円)にしました。

ワインはグラスで300円からありますが、個人的には500円くらいからのやつのほうが美味しいと思う。ワインよく知りませんが。

今回いただいた中では、モルドバ共和国のヴィンテージ カベルネソーヴィニヨン(500円)が好みでした。

白ワインも同価格帯でいろいろ置いてあるので試してみましょう。

お食事

まずはすぐに出てきそうなイタリア風オムレツ(300円)をチョイス!

3種類のジャガイモが使われている珍しいオムレツで、上にはバジルソースがかかっています。

そして、ここへ来たら必ず頼んで欲しいのがこちら!

土佐赤牛のたたきカルパッチョ(600円)です。

さっぱりとしていて甘みのある赤身肉をトリュフ塩とキプロスの塩でいただきます。

キプロスの塩は炭でコーティングしてあって、尖ったしょっぱさが全くしないまろやかな塩み。

このお塩だけでもワインのアテになりそう…

と思ったら、100円で塩の盛り合わせというメニューもあるそうです。

じゃあこのお塩でワインを飲んだらセンベロも可能じゃん。

そして!

秋冬にしか食べられない、しかも4食限定のメニューですが、牡蠣と柿のグラタン(1,200円)があったら必ず頼みましょう。

おいおいw

牡蠣と柿てwwネタかよwww

とか思いましたが、これが予想外に合います!そしてワインが進みます!!

ぱっかーんと割って器のカキと中に入っているカキを一緒に食べましょう。

…って、ややこしいな。笑

でも、柿と牡蠣がとろとろのブルーチーズに合わさって、今までに食べたコトのない不思議なハーモニーを奏でます。

これはちょっとここでしか食べられないかも。

他にも赤エビのソテー(600円)だったり。

生クリームを使わない、本場ローマのクラシカルなカルボナーラ(1,000円)など。

基本的に何を頼んでもハズレなし!

ポルトローネ風ポテトサラダ(400円)はポテトサラダっつーか、もはやマッシュポテトですね。

ふつーのマスタードの他に、ピノノワールから作った甘いマスタードが付いてきます。

ピノノワールのやつはマスタードというよりはジャムみたいな感じ。これだけでもワインが進んじゃう。

はっきり言ってココは完全に穴場なので今ならふっつーに入れますよ。

次回は、作るのに40分かかると言われているポルチーニリゾット(1,600円)にロックオン!

ご馳走様でしたっ!(合掌)

#外伝

トラットリアバール イル ポルトローネ

■基本情報

住所:東京都足立区千住2‐29 小松ビル 3F

最寄り駅:北千住駅 徒歩3分

営業時間:月・水~金 17:00~23:00 土日祝日 13:00~22:00

定休日:毎週火曜日

TEL:03‐5284‐2350

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする