『札幌牛亭 南池袋店』池袋ハンバーグ四天王の超レアハンバーグ!@池袋


札幌牛亭

察しの良い方は…というか、察しが良くなくても分かるかと思いますが、北海道の札幌に本店があるお店です。

つなぎを一切使わないビーフ100%のハンバーグがイチオシ!

イチオシっつーかこのお店、基本的にメインメニューはハンバーグしかありません。

そして今のところ、東京でこのハンバーグが食べられるのはこちらのお店だけ!

そういえば、池袋ハンバーグ四天王の一角としてもここのお店は有名ですよね!(僕の中で)

因みにハンバーグ四天王とは

札幌牛亭(超レア系)

ウチョウテン(肉汁濃厚ソース系)←現時点で最強

キッチンOh!Way(肉感重視系)

宮崎亭(ふわとろ系)

の4店のコトを言います。

札幌牛亭の入口はこんな感じ。

ドアを開けると階段がありますので下りていきましょう。

メニュー

平日ランチのメニューはこちらになります。

平日のランチだと、ハンバーグ単品の値段でライスとサラダとスープが付いてくるのでかなーりお得!

そして通常メニューがこちらー。

変わったところだと大人のメロンクリームソーダ(アルコール入り)なんてのがありますね。

それから、よくわかんないけどお米のビールとかもあります。

女子ウケしそうな甘そうなお酒もあったり。

注文!

まずはハンバーグのサイズを決めます。

150g(SS) 1,100円

180g(S) 1,300円

230g(M) 1,600円

300g(L) 2,000円

次に焼き加減を選びます。

ミディアム

ミディアムウェルダン

ウェルダン

最後にライスのサイズをチョイス。

小盛(150g)

中盛(200g)

大盛(250g)

特盛(300g)

僕は迷わずハンバーグ300gのLサイズをミディアムで注文!

ライスは特盛り(300g)でお願いします。

実食!

まずはサラダとスープが提供されますので、おとなしく食べながら待ちましょう。

食べ終わる頃になると「そろそろハンバーグが出て来ますのでエプロンを付けて下さいね」と店員のおねーさんに言われますので、卓上の紙エプロンを装備しましょう。

ハンバーグ300gとライス300gはこんな感じ!

ハンバーグにはちゃんとブロッコリー、ポテト、キャロット、オニオンが付いてきます。

ここのハンバーグには下味が付いておらず、ブラックペッパーと野菜ベースのソースで味付けがされています。

ミディアムでお願いしたので中はこんな感じ!

…ってこれ、ミディアムっつーかもはやレアでしょ。笑

それとも札幌ではこれが一般的なミディアムなのかな?

表面はソースの甘みとペッパーのスパイス。

そして、中は下味の付いていないお肉本来の旨み。

これが同時に味わえてムチャクチャ美味しいじゃないですか!

正直、別にお腹空いてなかったけど(じゃあなんで来たんだよ)ペロリと平らげてしまいました。

そのうち500g(LLサイズ)のハンバーグも作って欲しいな。

ご馳走様でしたっ!(合掌)

最後まで読んで下さりありがとうございます。

気が向いたら下記の友だち追加のボタンをポチッとして下さい。

友だち追加

それではまた!

札幌牛亭 南池袋店

■基本情報

住所:東京都豊島区南池袋2‐14‐5 鈴木ビル B1F

最寄り駅:池袋駅 徒歩4分(319m)

営業時間:全日 ランチ:11:30~15:30

日 ディナー:17:00~21:30

月~金・祝 ディナー:18:00~22:00

土 ディナー:17:00~22:00

定休日:無休(連休最終日は日曜日と同じ営業時間になります)

TEL:03‐6280‐5670

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする