『馳走麺 狸穴』この街を代表する絶品つけ麺のうちの1つ!@池袋

狸穴(マミアナ)とは

池袋でつけ麺食べよー。ってなったら確実に候補に入れておきたいお店ー!

基本的にこの街で美味しいつけ麺を食べたいなら、えん寺か頑者ガガナか、もしくはこの狸穴の四択でイイと思う。

でもえん寺は吉祥寺が本店だし、頑者は川越が本店だし、ガガナは反対口だし…

というワケで、今回は狸穴へ行ってまいりました。

狸穴だけは池袋でしか食べられませんからね。

お店の場所は池袋駅からちょい離れています。だいたい歩いて7分くらいかな。

とりあえず外観はこんな感じー!

店内は12席のコの字カウンター。

ちゃんと上着とかコートが掛けられるように、壁にハンガーがあるのもポイント高いですね。

こういうの女性はけっこー嬉しいんじゃないかな。お客さんほとんど男性ですが。

人気店(のハズ)だけど、平日の13:00過ぎでお客さんは僕を含めて5名のみ。

さりげに穴場です。

店名が狸(タヌキ)の穴って書くくらいだから、もしかして食材にタヌキでも使ってるかな?

と、思うじゃないですか。

まっっったく使ってません。

メニュー

お店に入ると左手に券売機がありますので、まずは食券を購入しましょう!

基本的につけ麺推しのお店ですが、ちゃんと中華そばやまぜそばなんかもあります。

でも初めての人はやっぱりつけ麺ですかね。

特製つけ麺

僕は迷わず『特製つけ麺・大盛り(1,050円)』のボタンをポチッとしました。

並盛りと大盛りは同額料金で特盛りは+100円です。

店員のおねーさんに食券を渡すと「魚介か煮干しを選べますがどちらにしますか?」と聞かれます。

昔は魚介しかなかったけれど、今は煮干しなんてのもあるんですね。

おねーさんが言うには魚介のほうが人気とのコトなので、僕は迷わず魚介をチョイス!

10分ほどで着丼します。

具材は炙りチャーシューと味玉にナルト、それに海苔、穂先メンマ、三つ葉などが入ってます。

麺はこんな感じの中太ストレート麺。

美味しいつけ麺屋さんっていうのはどこも麺が秀逸ですよね。

こちらは噛み応えのある弾力とモチモチの食感が特徴的!

さて、あじたーまをぱっかーんしてみましょう。

濃厚な魚介スープを邪魔しないまろやかな黄身!

スープに浸して食べるのがオススメです!

そして最後にはスープ割りもお願いしなくちゃですね。

柚子の皮の千切りが入っているので、濃厚魚介スープにさっぱりさと爽やかさが加わります。

美味しくて全部飲み干しちゃった。

ご馳走様でしたっ!(合掌)

馳走麺 狸穴

■基本情報

住所:東京都豊島区東池袋1‐32‐2 小川ビル 1F

最寄り駅:池袋駅 徒歩7分(507m)

営業時間:月・水~金・土 9:00~22:00

日 11:00~21:00

定休日:毎週火曜日

TEL:03‐3982‐4055

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする